子供達を後継者にする方法のオプション

人生の仕事を終わりにして、期待している子供達を後継者にしようと考えていますか?税金と収入には影響を及ぼすかなり複雑なオプションもたくさんあります。それに加え、後継の顧問者にもよって違ってくるビジネスの取り引きのニュアンスも山程あります。事業承継

 

後継の顧問者が後継の取り引きのルールの全部を知らなくても、そんなに珍しく

ありませんし、いつも、絶対に専門家に頼まなければならない訳でもありません。

こういう専門家の形は様々ありますけど、ビジネスの弁護士とか後継のアドバイザーとか税金の専門家とかいます。後継のオプションの全部が税金に影響を及ぼしますから、

何が関わっているか、ちゃんと把握した上で、決めた方がいいです。

 

優先株のフリーズ

 

事業承継

事業承継

後継者への経営交替が完了したら、オーナーはある程度の権力が

限定的に続きます。

 

不動産の一般的なフリーズ

 

このオプションでは、オーナーの普通株の部分の代わりに、優先株を

貰ってから、普通株の部分か全部を、自分の子供達にあげます。これでは、

オーナーのシェアホルダーの投票権利などが維持されます。このオプションでは、優先株がフリーズされて、会社が売られたら、優先株の所有者達の持てる株の数が限られます。この優先株と普通株の交替が完了して、会社の価値が上がったら、オーナーが亡くなる万が一の場合、この価値上昇が非課税対象になります。優先株の価値が決まっていて、ビジネスの価値にも関係がありませんから。インストール

 

期限切りでも、ビジネスのインストールの販売によって、

自分の子供達か別の親戚にビジネスの後継関係の株が売れます。

完全した退職を考えているなら、これはいいオプションです。

 

ギフト

 

ギフトとしても会社をあげるのも可能ですが、このオプションには

限界もあります。ある金額を越えたら、かなり高い税金のレートも

かかります。こんな高いレートを避けるために、ビジネスの後継の

専門家と話した方がいいです。後継やその関係の税金の悩みがありますか?

http://xn--j2r801ab2u4ia.com にクリックして、詳細を御覧ください。

 

 

 

 

 

 

株の販売

 

このオプションでは、決まった値段で、オーナーシップ

を家庭のメンバーに売ることにできます。その相手には

買える金額がなければなりませんけど。

 

財産をトラストに委ねる

 

このオプションでは、企業がトラストに委ねられます。

その理由では、そのトラストでの給料も定期的に貰えます。

このオプションでのニュアンスも複雑なことも山程あります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です